出張管理・手配システムを23社徹底比較-トラベルパレント » 出張手配システムが役立つ場面 » 出張手配システムとインボイス制度の関連性

出張手配システムとインボイス制度の関連性

出張手配システム(BTM)とインボイス制度の結びつき

出張手配システム(BTM)は、出張に関する手配をデジタル化し、一元管理するシステムです。これにより、出張申請、交通機関や宿泊施設の予約、出張経費の精算などが効率化されます。従来は手動で行われていたこれらのプロセスをシステム化することで、時間とコストの節約が可能になり、出張者の行動や日程の管理も容易になります。

インボイス制度に関する重要なポイント

インボイス制度の基本情報

  • 請求書発行者の氏名や名称
  • 登録番号(課税事業者のみ)
  • 取引年月日
  • 取引の内容(軽減税率対象の場合はその旨を含む)
  • 税率ごとに合計した対価の額
  • 適用税率
  • 消費税額
  • 請求書受領者の氏名や名称

帳簿記帳に関して

インボイス制度後の帳簿については、基本的に変更はなく、税込み総勘定元帳(仕入れ)が記載されます。

消費税額等の端数処理

インボイスの記載事項である「消費税額等」について、1円未満の端数が生じる可能性があり、「1インボイス当たり税率ごとにそれぞれ1回」というルールに従って処理する必要があります。複数の書類を一体としてインボイスとする場合、各納品書毎に端数処理を行います。

インボイスの特殊な交付方法

売手と買手の間に媒介者が存在する場合、インボイスの交付方法には直接交付、代理交付、媒介者交付特例という3つのパターンが存在します。

直接交付

この方法では、売手が直接買手にインボイスを交付します。これは最も一般的な交付方法であり、取引が直接両当事者間で行われる場合に使用されます。

代理交付

代理交付では、売手が第三者(代理人)を通じて買手にインボイスを交付します。この場合、代理人は売手のためにインボイスを買手に渡す役割を担います。

媒介者交付特例

媒介者交付特例は、売手と買手の間に媒介者が介在する場合に使用される方法です。媒介者は、取引の仲介を行い、インボイスの交付に関わることがあります。この方法は、複数の取引当事者が関与する複雑な取引でよく見られます。

出張旅費等特例

従業員などに支給する出張旅費、宿泊費、日当等について、その旅行に通常必要であると認められる部分の金額は、帳簿のみの保存による仕入税額控除が可能である。この特例は、出張旅費等に関する社内規程や基準の有無、概算払いか実費精算かに関わらず適用されます。

インボイス制度とは

インボイス制度は、消費税の透明性と適正な課税を目的として導入された制度です。この制度では、事業者が取引時にインボイス(請求書)を発行し、その中に消費税額を明確に記載します。これにより、消費税の流れが明確になり、税務上の不正や誤解を防ぐことが可能になります。また、税務当局はインボイスを通じて、消費税の正確な申告と納税を容易に追跡できます。

インボイス制度は、消費者にとっても重要です。明確な消費税の表示により、購入時の総コストが透明化され、消費者はより情報に基づいた購入決定を下すことが可能になります。さらに、事業者間の取引においても、インボイスは重要な役割を果たします。取引先からの適切なインボイスの受領は、その事業者が消費税の納税義務を遵守していることを示す重要な証拠となります。

経費精算の透明性向上

BTMは、出張に関する経費をデジタル化し、迅速かつ透明な精算を可能にします。インボイス制度により、取引ごとの消費税が明確になり、経費精算の正確性が向上します。

税務コンプライアンスの強化

BTMを使用することで、インボイスに基づく正確な税額を計上し、税務上のコンプライアンスを確保することが容易になります。インボイス制度に準拠することは、企業が法的要件を満たし、税務上のリスクを低減するために不可欠です。

効率的な帳簿管理

BTMによるデジタル化されたデータとインボイス制度により、企業は効率的かつ正確に帳簿を管理できます。これにより、税務監査時のリスクを低減し、経理プロセスの効率化が図れます。

インボイス制度の導入に伴い、出張手配システム(BTM)の重要性が高まっています。これらのシステムは、経費精算の透明性を高め、税務コンプライアンスを強化し、効率的な帳簿管理を実現します。企業はBTMを活用することで、出張管理の効率化だけでなく、税務面でもメリットを享受できます。

インボイス制度と出張旅費特例

インボイス制度は、消費税の適正な課税と透明性を確保するために重要な役割を果たします。この制度では、事業者が取引時にインボイスを発行し、消費税額を明確に記載する必要があります。出張旅費特例は、このインボイス制度の下で、特定の条件を満たす場合に適用される特別な規定です。

出張旅費特例の概要

出張旅費特例は、事業者が出張に関連する経費を精算する際に適用される特例です。この特例により、事業者は出張に関連する宿泊費や交通費などの経費に対して、通常のインボイス発行の要件を緩和された形で対応することが可能になります。これにより、出張経費の管理と報告が簡素化され、事業者の負担が軽減されます。

出張旅費特例を利用するためには、事業者が特定の条件を満たす必要があります。これには、出張の目的、宿泊施設や交通機関からの領収書の保持、経費の正確な記録と報告などが含まれます。

出張旅費特例の適用条件

出張旅費特例を適用するためには、以下のような条件が必要です:

  • 出張の目的が事業関連であること。
  • 宿泊施設や交通機関からの領収書を保持していること。
  • 経費が正確に記録され、報告されていること。

これらの条件を満たした場合、事業者はインボイスの発行要件を緩和された形で出張経費を処理することができます。

出張旅費特例の利点

出張旅費特例を利用する主な利点は、出張経費の処理と報告の簡素化です。これにより、事業者は出張に関連する経費の管理をより効率的に行うことができ、経理プロセスの効率化が図れます。また、税務上のコンプライアンスを確保しながら、経費処理の負担を軽減することが可能です。

この特例の適用は、事業者が出張経費に関連する複雑なインボイス要件に対処する際の時間と労力を節約するのに役立ちます。結果として、事業者はより重要な業務に集中することができ、全体的な業務の効率が向上します。

THREE SELECTIONS
目的別・出張手配システム3選
国内には、様々な出張手配システムが存在しています。システムの機能や付属サービスも多種多様。
会社が出張手配システムを導入する目的は、会社の規模や状況によっても異なるはず。目的やニーズに合った、おすすめのシステムをご紹介します!

出張⼿配プラス

まるごとお任せしたいなら
⼿配できる種類の多さで選ぶ

エルクトラベル公式サイト

画像引用元:エルクトラベル公式サイト
(https://www.tehaiplus.com/)

新幹線や飛行機(国内外)といったベーシックな移動手段や宿泊施設のほか、会議室など幅広い予約に対応。エリア限定ですが、当日中にチケットをデリバリーするサービスもあります。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

出張手配プラスの
無料デモ版を申し込む

Bzit

経費のコンサルもお願いしたいなら
分析サービス付きのシステムで選ぶ

Bzit公式サイト

画像引用元:Bzit公式サイト
(https://www.jtb.co.jp/bzit/)

旅行代理店JTBが提供する出張手配システム。予約できるものはベーシックな内容ですが、使用された出張費用とデータを分析し、よりよい運用方法を提案するサービスを備えています。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

Bzitの
資料請求をする

BORDER

海外出張回数がとにかく多いなら
チャットで手配完了のシステムも

BORDER公式サイト

画像引用元:BORDER公式サイト
(https://border.co.jp/)

出張手配をチャットで依頼・管理できるシステム。レスが速く小回りもきくため、出張が多く、さらに出張者自らが手配を行っているような会社・事業部向けといえるでしょう。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

BORDERの
資料請求をする

出張⼿配プラス

まるごとお任せしたいなら
⼿配できる種類の多さで選ぶ

エルクトラベル公式サイト

画像引用元:エルクトラベル公式サイト
(https://www.tehaiplus.com/)

新幹線や飛行機(国内外)といったベーシックな移動手段や宿泊施設のほか、会議室など幅広い予約に対応。エリア限定ですが、当日中にチケットをデリバリーするサービスもあります。

公式サイトを見る

詳細を見る

Bzit

経費のコンサルもお願いしたいなら
分析サービス付きのシステムで選ぶ

Bzit公式サイト

画像引用元:Bzit公式サイト
(https://www.jtb.co.jp/bzit/)

旅行代理店JTBが提供する出張手配システム。予約できるものはベーシックな内容ですが、使用された出張費用とデータを分析し、よりよい運用方法を提案するサービスを備えています。

公式サイトを見る

詳細を見る

BORDER

海外出張回数がとにかく多いなら
チャットで手配完了のシステムも

BORDER公式サイト

画像引用元:BORDER公式サイト
(https://border.co.jp/)

出張手配をチャットで依頼・管理できるシステム。レスが速く小回りもきくため、出張が多く、さらに出張者自らが手配を行っているような会社・事業部向けといえるでしょう。

公式サイトを見る

詳細を見る

       

※上記システムの取り扱いサービス数・内容は2022年12月調査時点の情報を基に掲載しております。
※各システムのピックアップ理由は次のようになります。「出張手配システム」…調査範囲内での手配対象の数が最多。「Bzit」…大手旅行代理店の蓄積した情報を基に出張費用を分析するサービスあり。「BORDER」…海外でも対応可能なチャットシステムがあることが明記されている。

出張をもっと手軽に透明に目的別で選ぶおすすめの出張手配システム
出張をもっと手軽に透明に目的別で選ぶおすすめの出張手配システム