出張管理・手配システムを23社徹底比較-トラベルパレント » 出張に関するコラム記事一覧 » 海外出張時の経費清算方法!対象範囲や注意点まとめ

海外出張時の経費清算方法!対象範囲や注意点まとめ

海外出張における経費精算は、国内出張と異なりさまざまな特別な配慮が必要です。経費の種類、必要な書類、為替レートの変動など、把握しておくべきポイントが多くあります。

この記事では、海外出張の経費精算で対象となるものから、注意すべき点まで、具体的な情報をまとめて解説します。これを読めば、海外での出張経費精算がぐっと楽に、そして確実に行えるようになるでしょう。

海外出張の経費精算で対象となるものは?

海外出張において経費精算は重要なプロセスです。出張前の準備から出張中の活動に至るまで、どのような経費が認められるのかを理解することは、計画的かつ効率的な出張の実施を支援します。ここでは、経費精算で考慮すべき主要な費用カテゴリを詳しく見ていきます。

出張前・準備にかかる経費

出張前の準備段階で発生する経費は、航空券の予約、宿泊施設の手配、必要に応じてビザの取得費用が含まれます。航空券と宿泊施設の手配は、出張の日程に合わせて早期に行うことで、コストを抑えることが可能です。

また、ビザ取得は出張先の国によって要求される書類や手続きが異なるため、事前に詳細を確認し、適切に対応する必要があります。これらの費用は、出張に必須であるため、ほとんどの企業では経費として認められます。さらに、出張に必要な予防接種や健康診断の費用も、多くの場合は経費精算の対象となります。

出張中にかかる経費

出張中に発生する経費には、交通費、宿泊費、日々の食費などが含まれます。公共交通機関やタクシーを利用した移動費は、必ず領収書を取得し、精算の対象となるようにします。

また、ビジネスミーティングや顧客との食事会での支出も、ビジネス関連費として経費申請が可能です。重要なのは、すべての支出について明確な記録を残し、領収書や支払い証明を確実に保管することです。これにより、経費精算時の誤解や不明点を避けられます。

出張中に払ったチップは対象?

海外出張では、レストランやホテルでのサービスに対してチップを支払う文化が一般的です。しかし、チップが経費精算の対象となるか否かは、企業のポリシーに依存します。

多くの場合、小額のチップであれば精算の対象と認められることが多いですが、大きな金額の場合は事前の承認が求められることもあります。チップを支払う際は、支払いの背景と金額を記録し、経費精算の際に適切な説明ができるように準備しておきましょう。また、チップの支払いが頻繁に行われる地域では、事前にガイドラインを確認し、適切な額を把握しておくことが望ましいです。

海外出張時の経費精算の注意点

海外出張の経費精算を行う際には、いくつかの重要な注意点を把握しておく必要があります。ここでは、特に注意を払うべき事項について詳しく解説します。

領収書の原本を保管しておく

海外出張における経費精算で最も基本的かつ重要なのが、領収書の原本を確実に保管することです。領収書は、経費が発生したことの証明であり、精算の根拠となります。

特に海外では言語の違いや独特の書式があるため、内容が明確に理解できるように、必要に応じて翻訳を行うことも重要です。デジタル化が進んでいる現在では、紙の領収書をスキャンしてデジタルコピーを保存することも推奨されますが、原本は紛失や破損のリスクを避けるためにも、安全な場所に保管してください。

証跡を理解できるようにする

経費精算においては、単に領収書を提出するだけでなく、その支出が業務上正当であることを証明するための「証跡」を残すことが求められます。証跡には、何のための支出か、いつ、どこで、どれだけの金額が使われたのかを明確に記録することが含まれます。

この情報は、会計監査時にも重要となりますので、メモやメール、会議のアジェンダなど、支出の文脈を示す資料も合わせて保管すると良いでしょう。

経費は使用した日の為替レートを反映する

海外での支出は、通常、現地通貨で行われます。したがって、経費を精算する際は、支出が発生した日の為替レートに基づいて自国通貨へ換算する必要があります。このレートは、国際金融市場の変動により日々異なるため、正確な為替レートを使用することが重要です。

多くの企業では、特定の信頼できる為替レート情報源を指定しており、経費報告書にはそのレートを適用して計算した額を記入します。

事前に海外出張の社内規程を作成する

効率的で問題のない経費精算を実現するためには、出張前に企業の海外出張に関する社内規程を確認し、理解しておくことが必須です。規程には、どの種類の支出が認められ、どのような書類が必要であるかが定められています。

また、規程に従って事前の承認を得ることで、帰国後の経費精算がスムーズに進むことが多いです。これにより、不明瞭な点や誤解が生じることを最小限に抑えることができます。

海外出張時の経費清算方法

海外出張の経費清算は、適切な方法を用いることでスムーズに進行が可能です。主に使用される方法は、クレジットカードの利用、仮払金の提供、外貨対応の経費精算システムの活用です。これらの方法を理解し、適切に適用することで、経費の管理が効率的かつ透明性を持って行えるようになります。

クレジットカードを使用する

海外出張においてクレジットカードは、最も便利で推奨される支払い方法の一つです。クレジットカードを使用することで、為替レートの変動リスクを低減し、現地での現金の持ち歩きを減らすことができます。

また、クレジットカードの明細は、支出の記録として直接経費精算に利用できるため、領収書を紛失するリスクも軽減されます。さらに、多くのクレジットカード会社では、支出管理のためのオンラインツールを提供しており、出張の費用追跡をリアルタイムで行うことが可能です。ただし、使用前にはカードが国際的に広く受け入れられているか確認し、セキュリティ対策も適切に行う必要があります。

出張前に仮払金を渡す

出張前の仮払金は、特に現地での小規模な支出や、クレジットカードが使用できない場面で有効です。仮払金を利用することで、出張者は現地の通貨で直接支払いを行うことができ、スムーズな取引が可能となります。

この方法では、経費の前払いを行うため、出張後には使用した金額と未使用分の精算が必要です。仮払金の管理には、支出のたびに詳細な記録をつけることが重要であり、不透明な支出がないように注意が必要です。

外貨に対応した経費精算システムを使用する

外貨対応の経費精算システムを使用することで、複数通貨での管理が容易になります。これにより、為替レートの計算や変換を自動で行い、精算プロセスの効率化と正確性が大幅に向上します。

現代の経費精算システムは、レシートのデジタル化、自動エントリー機能、リアルタイムでの支出追跡が可能であり、海外出張の管理を大幅に改善します。経費精算システムを導入することで、企業は出張経費の可視化と監査の容易さを向上させることができます。

海外出張の経費清算が複雑になりやすい理由とは?

海外出張の経費清算が国内に比べて複雑になる主な理由は、異なる国々の法律、税制、文化、為替レートの変動など、多岐にわたる要因が絡み合うためです。

まず、異なる通貨を使用することにより、為替レートの計算<が必要になります。これにより、実際の支出額が日々変動する可能性があり、正確な経費の管理が難しくなります。

さらに、多くの国で異なる税率や領収書の形式が存在するため、これらを正しく理解し処理することが求められます。

また、文化的な違いによるチップの習慣や交渉による支払いの変動も、経費精算を複雑にします。特にチップは、その地域やサービスによって期待される額が大きく異なる場合があり、これが経費精算の一部としてどのように扱われるかは企業の方針によって左右されます。

さらに、言語の違いが領収書の内容の解釈を困難にすることもあり、正確な記録と報告が求められるため、追加の労力が必要になります。

これらの要因が組み合わさることで、海外出張の経費清算は時間と労力を要する複雑なプロセスになりがちです。これに対処するためには、しっかりとした準備と明確なガイドラインの理解が不可欠となります。

まとめ

海外出張の経費清算は、その複雑さから正確な管理と適切な準備が求められるプロセスです。出張前には企業の経費精算の規則をしっかりと確認し、必要な書類や情報を整理しておくことが重要です。

また、クレジットカードの利用、仮払金の活用、外貨に対応した経費精算システムの導入など、効率的な方法を選択することがスムーズな精算につながります。最終的には、海外出張の経費精算を効率良く、かつ正確に行うことで、企業の財務の透明性を高め、出張の成果を最大化することが可能となります。

THREE SELECTIONS
目的別・出張手配システム3選
国内には、様々な出張手配システムが存在しています。システムの機能や付属サービスも多種多様。
会社が出張手配システムを導入する目的は、会社の規模や状況によっても異なるはず。目的やニーズに合った、おすすめのシステムをご紹介します!

出張⼿配プラス

まるごとお任せしたいなら
⼿配できる種類の多さで選ぶ

エルクトラベル公式サイト

画像引用元:エルクトラベル公式サイト
(https://www.tehaiplus.com/)

新幹線や飛行機(国内外)といったベーシックな移動手段や宿泊施設のほか、会議室など幅広い予約に対応。エリア限定ですが、当日中にチケットをデリバリーするサービスもあります。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

出張手配プラスの
無料デモ版を申し込む

Bzit

経費のコンサルもお願いしたいなら
分析サービス付きのシステムで選ぶ

Bzit公式サイト

画像引用元:Bzit公式サイト
(https://www.jtb.co.jp/bzit/)

旅行代理店JTBが提供する出張手配システム。予約できるものはベーシックな内容ですが、使用された出張費用とデータを分析し、よりよい運用方法を提案するサービスを備えています。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

Bzitの
資料請求をする

BORDER

海外出張回数がとにかく多いなら
チャットで手配完了のシステムも

BORDER公式サイト

画像引用元:BORDER公式サイト
(https://border.co.jp/)

出張手配をチャットで依頼・管理できるシステム。レスが速く小回りもきくため、出張が多く、さらに出張者自らが手配を行っているような会社・事業部向けといえるでしょう。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

BORDERの
資料請求をする

出張⼿配プラス

まるごとお任せしたいなら
⼿配できる種類の多さで選ぶ

エルクトラベル公式サイト

画像引用元:エルクトラベル公式サイト
(https://www.tehaiplus.com/)

新幹線や飛行機(国内外)といったベーシックな移動手段や宿泊施設のほか、会議室など幅広い予約に対応。エリア限定ですが、当日中にチケットをデリバリーするサービスもあります。

公式サイトを見る

詳細を見る

Bzit

経費のコンサルもお願いしたいなら
分析サービス付きのシステムで選ぶ

Bzit公式サイト

画像引用元:Bzit公式サイト
(https://www.jtb.co.jp/bzit/)

旅行代理店JTBが提供する出張手配システム。予約できるものはベーシックな内容ですが、使用された出張費用とデータを分析し、よりよい運用方法を提案するサービスを備えています。

公式サイトを見る

詳細を見る

BORDER

海外出張回数がとにかく多いなら
チャットで手配完了のシステムも

BORDER公式サイト

画像引用元:BORDER公式サイト
(https://border.co.jp/)

出張手配をチャットで依頼・管理できるシステム。レスが速く小回りもきくため、出張が多く、さらに出張者自らが手配を行っているような会社・事業部向けといえるでしょう。

公式サイトを見る

詳細を見る

       

※上記システムの取り扱いサービス数・内容は2022年12月調査時点の情報を基に掲載しております。
※各システムのピックアップ理由は次のようになります。「出張手配システム」…調査範囲内での手配対象の数が最多。「Bzit」…大手旅行代理店の蓄積した情報を基に出張費用を分析するサービスあり。「BORDER」…海外でも対応可能なチャットシステムがあることが明記されている。

出張をもっと手軽に透明に目的別で選ぶおすすめの出張手配システム
出張をもっと手軽に透明に目的別で選ぶおすすめの出張手配システム