出張管理・手配システムを23社徹底比較-トラベルパレント » 出張に関するコラム記事一覧 » 出張時の日当とは?

出張時の日当とは?

出張時に受け取ることができる手当には、宿泊費や交通費などの実費と、日当が含まれます。ここでは日当がどのようなものなのかや日当の決め方、メリット・デメリットについて紹介しています。

日当とは

日当は、出張中の食事代や雑費などの個人的な支出を補填するために支給される手当です。具体的な金額は企業や団体によって異なり、出張の目的地や期間、業務の内容によって設定されます。

日当の意味・目的とは?

日当の主な意味と目的は、出張者が業務遂行に専念できるよう、生活必需品やサービスの購入に要する費用の一部を補助することです。これにより、出張者は出張先での生活コストを心配することなく、業務に集中することが可能となります。

日当の決め方

日当の決め方には、企業が定める基準や政府機関が提示するガイドラインに従う方法があります。多くの企業では、出張先の地域に応じて日当の額を変更し、出張の目的や必要性、滞在期間、現地の物価などを考慮して設定します。また、国内出張と海外出張で異なる基準を設ける場合もあります。企業は、従業員が出張中に遭遇する可能性のある一般的な支出をカバーできるよう、適切な日当額を決定することが求められます。

出張に対する日当を企業が支払うメリット・デメリット

メリット

  • 従業員のモチベーション向上:適切な日当を提供することで、出張に対する従業員の満足度とモチベーションが向上します。これにより、業務の効率化と成果の最大化が期待できます。
  • 明確な経費管理:日当制度を設けることで、出張に関連する経費の管理が容易になります。固定額を支払うことで、経理処理の簡素化と予算管理の正確性が向上します。
  • 競争力の強化:良好な福利厚生としての日当制度は、優秀な人材の確保と保持に寄与します。これにより、企業の競争力が強化されると期待されます。

デメリット

  • コストの増加:日当の支給は、企業にとって直接的なコスト増加につながります。特に、多くの出張が必要な企業ではその影響は大きくなるでしょう。
  • 不公平感の発生:出張の機会によっては、従業員間に不公平感が生じる可能性があります。日当の額や支給条件に関する透明性と公平性を確保することが重要です。
  • 乱用のリスク:一部の従業員が日当を乱用する可能性があり、これにより企業のイメージや財政状況に悪影響を及ぼすことが懸念されます。適切なガイドラインと監視体制の確立が必要です。

日当の支給は、従業員にとっての利益とともに、企業における経費管理の効率化にも寄与します。しかし、その設定と管理にはコスト増加や公平性の確保といった課題に対処するための注意が必要です。

出張時の日当が非課税として認められるための条件

出張時の日当が非課税で認められるためには、国税庁が定める一定の条件を満たす必要があります。主に、日当が実際の出張に要する費用を基に算出されていること、そしてその金額が国税庁が公表する「非課税限度額」を超えないことが条件です。また、日当の支給が、出張の実態に即して適正に行われている必要があり、企業は日当の支給基準や計算方法を明確にしておく必要があります。

出張報告書はトラブルを回避するためにも重要

出張報告書は、出張の成果を評価し、経費精算の正確性を保証するために極めて重要です。この報告書には、出張の目的、日程、訪問先、実施した業務の内容、そして達成した成果などが詳細に記載されます。また、出張中に発生した費用の内訳とそれに対する領収書や証明書の提出も求められます。これにより、出張経費の透明性が高まり、不正や誤解を未然に防ぐことができます。

出張旅費規程作成のポイント

出張旅費規程を作成する際は、以下のポイントに注意することが重要です。

  • 明確性:出張に関連する費用の種類(交通費、宿泊費、日当等)とそれぞれの支給基準を明確に定める。
  • 合理性:地域ごとの物価や業務の内容に応じた適正な日当の設定を行う。
  • 透明性:出張費用の精算プロセスをわかりやすく規定し、不正が起こりにくいシステムを構築する。
  • 柔軟性:出張の目的や内容によっては例外的な対応が必要な場合があるため、規程に一定の柔軟性を持たせる。

これらのポイントを踏まえ、企業は出張旅費規程を策定し、従業員が公正かつ円滑に出張できるようにサポートする必要があります。これにより、企業と従業員双方にとって公平で効率的な出張の管理が可能となります。

派遣労働者の日当支払いはどちらが払う?

派遣労働者の日当は、原則として派遣元の企業が支払います。派遣先での業務に伴う費用負担は、派遣元企業の責任範囲内です。

派遣労働者の日当は、出張時に派遣元会社が支払い、その額は派遣元の規定に基づきます。派遣料金への上乗せは派遣元と派遣先の契約次第で、派遣先が日当を負担する義務は基本的にはありません。しかし、派遣先の社員と共に出張する場合、派遣先の日当が高額であれば、派遣労働者が不公平感を感じる可能性があります。そのため、派遣労働者の待遇を決める際には、派遣先の社員の待遇水準を考慮することが望ましいです。

海外出張の日当はどのくらい

海外出張の日当は目的地や滞在期間、現地の物価によって大きく異なりますが、一般的には国内出張よりも高額に設定されることが多いです。

まとめ

出張時の日当は、出張の目的地や期間、現地の物価を考慮して設定されます。派遣労働者の場合は派遣元が、海外出張の場合は高額に設定される傾向があります。このような日当制度は、出張者が円滑に業務を遂行できるようサポートするための重要な仕組みです。

また、円滑な出張をサポートしつつも、サポートする側も効率的な業務をするためにツールやシステムを導入もひとつの手です。出張手配システムについて当サイトはまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

THREE SELECTIONS
目的別・出張手配システム3選
国内には、様々な出張手配システムが存在しています。システムの機能や付属サービスも多種多様。
会社が出張手配システムを導入する目的は、会社の規模や状況によっても異なるはず。目的やニーズに合った、おすすめのシステムをご紹介します!

出張⼿配プラス

まるごとお任せしたいなら
⼿配できる種類の多さで選ぶ

エルクトラベル公式サイト

画像引用元:エルクトラベル公式サイト
(https://www.tehaiplus.com/)

新幹線や飛行機(国内外)といったベーシックな移動手段や宿泊施設のほか、会議室など幅広い予約に対応。エリア限定ですが、当日中にチケットをデリバリーするサービスもあります。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

出張手配プラスの
無料デモ版を申し込む

Bzit

経費のコンサルもお願いしたいなら
分析サービス付きのシステムで選ぶ

Bzit公式サイト

画像引用元:Bzit公式サイト
(https://www.jtb.co.jp/bzit/)

旅行代理店JTBが提供する出張手配システム。予約できるものはベーシックな内容ですが、使用された出張費用とデータを分析し、よりよい運用方法を提案するサービスを備えています。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

Bzitの
資料請求をする

BORDER

海外出張回数がとにかく多いなら
チャットで手配完了のシステムも

BORDER公式サイト

画像引用元:BORDER公式サイト
(https://border.co.jp/)

出張手配をチャットで依頼・管理できるシステム。レスが速く小回りもきくため、出張が多く、さらに出張者自らが手配を行っているような会社・事業部向けといえるでしょう。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

BORDERの
資料請求をする

出張⼿配プラス

まるごとお任せしたいなら
⼿配できる種類の多さで選ぶ

エルクトラベル公式サイト

画像引用元:エルクトラベル公式サイト
(https://www.tehaiplus.com/)

新幹線や飛行機(国内外)といったベーシックな移動手段や宿泊施設のほか、会議室など幅広い予約に対応。エリア限定ですが、当日中にチケットをデリバリーするサービスもあります。

公式サイトを見る

詳細を見る

Bzit

経費のコンサルもお願いしたいなら
分析サービス付きのシステムで選ぶ

Bzit公式サイト

画像引用元:Bzit公式サイト
(https://www.jtb.co.jp/bzit/)

旅行代理店JTBが提供する出張手配システム。予約できるものはベーシックな内容ですが、使用された出張費用とデータを分析し、よりよい運用方法を提案するサービスを備えています。

公式サイトを見る

詳細を見る

BORDER

海外出張回数がとにかく多いなら
チャットで手配完了のシステムも

BORDER公式サイト

画像引用元:BORDER公式サイト
(https://border.co.jp/)

出張手配をチャットで依頼・管理できるシステム。レスが速く小回りもきくため、出張が多く、さらに出張者自らが手配を行っているような会社・事業部向けといえるでしょう。

公式サイトを見る

詳細を見る

       

※上記システムの取り扱いサービス数・内容は2022年12月調査時点の情報を基に掲載しております。
※各システムのピックアップ理由は次のようになります。「出張手配システム」…調査範囲内での手配対象の数が最多。「Bzit」…大手旅行代理店の蓄積した情報を基に出張費用を分析するサービスあり。「BORDER」…海外でも対応可能なチャットシステムがあることが明記されている。

出張をもっと手軽に透明に目的別で選ぶおすすめの出張手配システム
出張をもっと手軽に透明に目的別で選ぶおすすめの出張手配システム