出張管理・手配システムを23社徹底比較-トラベルパレント » 出張に関するコラム記事一覧 » 効率的で快適な日帰り出張を実現する方法

効率的で快適な日帰り出張を実現する方法

日帰り出張は、企業活動において重要な役割を果たしています。コスト削減や時間の有効活用が求められる現代のビジネス環境では、効率的に日帰り出張を行うことが重要です。この記事では、日帰り出張のメリットとデメリット、効率的な計画方法、移動手段の選び方、出張中の快適さを保つコツ、出張手配システムの活用方法、日当と経費管理について詳しく解説します。

その1: 日帰り出張のメリットとデメリット

メリット

日帰り出張の最大のメリットはコスト削減です。宿泊費や長期滞在に伴う食費などを削減できるため、企業の経費節減に大きく貢献します。また、宿泊を伴わないため、移動時間を除けば勤務時間をフルに活用できる点も魅力です。さらに、一日で完結するため、家族やプライベートの時間を確保しやすく、ストレス軽減にもつながります。

デメリット

一方で、日帰り出張にはデメリットもあります。移動時間が長い場合、身体的な疲労が蓄積しやすくなります。また、スケジュールの柔軟性が低く、予定の変更や延長が難しい点も課題です。さらに、緊急事態への対応が難しく、突発的なトラブルが発生した場合のリスクもあります。

その2: 効率的な日帰り出張の計画方法

事前準備

効率的な日帰り出張を実現するためには、事前準備が重要です。まず、目的地と訪問先の確認を行います。次に、移動手段を選定します。飛行機、新幹線、車など、距離や時間、費用を考慮して最適な手段を選びましょう。必要な書類や機器の準備も忘れずに行います。ノートパソコン、モバイルバッテリー、名刺など、出張に必要なアイテムをチェックリストにまとめておくと便利です。

スケジュール管理

出張スケジュールは余裕を持って作成することが重要です。移動時間と会議時間のバランスを取りながら、食事や休憩時間を確保します。予定が詰まりすぎると、移動中や会議の合間に余裕がなくなり、ストレスが溜まります。逆に、余裕を持たせすぎると効率が悪くなりますので、適度なバランスを心掛けましょう。

出張手配システムの活用

出張手配システムを活用することで、出張の計画と管理が格段に楽になります。フライトや新幹線の予約、ホテルの手配、レンタカーやタクシーの予約を一括して行うことができます。これにより、手配ミスやダブルブッキングのリスクを減らし、出張の効率化を図ることができます。

その3: 移動手段の選び方とポイント

飛行機

飛行機を利用する場合、フライトの予約とチェックインが重要です。早めに予約をすることで、料金を抑えることができます。チェックインはオンラインで行うと、空港での待ち時間を短縮できます。また、空港ではラウンジを利用することで、出発前の時間を快適に過ごすことができます。

新幹線

新幹線を利用する場合、座席の選び方と予約がポイントです。窓側の席を予約すると、パソコンを使う際に電源を確保しやすくなります。新幹線内では、仕事を進めたり、休憩を取ったりと、時間を有効に活用しましょう。駅での移動も効率的に行うために、事前に駅構内の地図を確認しておくと良いでしょう。

車を利用する場合、レンタカーの手配が必要です。ナビゲーションシステムを活用し、渋滞情報を確認して、スムーズな移動を計画しましょう。また、駐車場の事前予約を行うことで、現地での駐車に関するストレスを軽減できます。

その4: 出張中の快適さを保つコツ

ビジネスツールの活用

出張中の仕事を効率的に進めるためには、ビジネスツールの活用が欠かせません。ノートパソコン、タブレット、スマートフォンなどのモバイルデバイスとそのアクセサリーを準備しましょう。クラウドサービスを利用することで、必要な資料にどこからでもアクセスできるようにしておくと便利です。また、バッテリーチャージの準備も忘れずに行いましょう。

身体のケア

長時間の移動では、身体のケアも重要です。適度なストレッチやエクササイズを取り入れることで、疲労を軽減できます。水分補給と栄養バランスの取れた食事も心掛けましょう。また、快適な服装選びも重要です。動きやすく、長時間の着用でも疲れにくい服装を選びましょう。

メンタルケア

出張中のメンタルケアも大切です。リラックス方法を取り入れることで、ストレスを軽減できます。音楽を聴いたり、瞑想をしたりと、自分に合ったリラックス方法を見つけましょう。また、ストレス管理の方法を学び、ストレスを溜め込まないようにすることも重要です。十分な睡眠を確保することで、翌日のパフォーマンスを維持しましょう。

その5: 出張手配システムの利便性と活用事例

出張手配システムの機能

出張手配システムは、フライト、ホテル、レンタカーの一括管理を可能にします。リアルタイムでスケジュールを更新できるため、予定の変更があっても柔軟に対応できます。また、経費精算の自動化機能があり、経費の管理が簡単になります。経費のリアルタイム追跡や、経費管理レポートの活用も行えます。

活用事例

多くの企業が出張手配システムを導入し、効率化を図っています。例えば、大手企業では、全社員の出張手配を一元管理し、経費削減と業務効率化を実現しています。出張手配システムを導入したことで、手配ミスやダブルブッキングが減り、出張業務がスムーズに行えるようになった事例もあります。利用者からは、手続きの簡便さや時間の節約に対する高い評価が寄せられています。

その6: 日帰り出張における日当と経費管理

日当の概要

日当とは、出張に伴う雑費や食事代などの補助として支給される手当のことです。企業ごとに支給額や支給条件が異なりますが、日帰り出張でも一定額が支給される場合があります。日帰り出張における日当の計算方法は、企業の規定に基づきます。一般的には、出発から帰着までの時間を基に計算され、一定時間以上の出張に対して支給されます。

経費管理のポイント

日帰り出張における経費管理は、効率的な業務運営に欠かせません。経費精算の手続きをスムーズに行うためには、領収書の管理が重要です。出張中に発生した経費の領収書をしっかり保管し、精算時に提出できるようにしておきましょう。また、経費削減のための工夫も必要です。例えば、交通手段の選定や食事の選び方など、細かな点でもコスト意識を持つことが大切です。

出張手配システムを活用した経費管理

出張手配システムには、経費精算の自動化機能があります。この機能を活用することで、経費の管理が簡単になり、手間を省くことができます。リアルタイムで経費を追跡し、予算内での運用を確保することができます。また、経費管理レポートを活用することで、出張経費の分析と改善点の特定が行えます。これにより、より効率的な経費管理が可能となります。

まとめ

効率的な日帰り出張を実現するためには、事前準備、スケジュール管理、適切な移動手段の選定、出張中の快適さを保つ工夫が必要です。出張手配システムを活用することで、手配や経費管理の効率化が図れます。日当や経費管理についても理解を深め、適切に対応することが重要です。これらのポイントを押さえることで、ビジネスパーソンは日帰り出張を快適かつ効率的に行うことができます。

THREE SELECTIONS
目的別・出張手配システム3選
国内には、様々な出張手配システムが存在しています。システムの機能や付属サービスも多種多様。
会社が出張手配システムを導入する目的は、会社の規模や状況によっても異なるはず。目的やニーズに合った、おすすめのシステムをご紹介します!

出張⼿配プラス

まるごとお任せしたいなら
⼿配できる種類の多さで選ぶ

エルクトラベル公式サイト

画像引用元:エルクトラベル公式サイト
(https://www.tehaiplus.com/)

新幹線や飛行機(国内外)といったベーシックな移動手段や宿泊施設のほか、会議室など幅広い予約に対応。エリア限定ですが、当日中にチケットをデリバリーするサービスもあります。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

出張手配プラスの
無料デモ版を申し込む

Bzit

経費のコンサルもお願いしたいなら
分析サービス付きのシステムで選ぶ

Bzit公式サイト

画像引用元:Bzit公式サイト
(https://www.jtb.co.jp/bzit/)

旅行代理店JTBが提供する出張手配システム。予約できるものはベーシックな内容ですが、使用された出張費用とデータを分析し、よりよい運用方法を提案するサービスを備えています。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

Bzitの
資料請求をする

BORDER

海外出張回数がとにかく多いなら
チャットで手配完了のシステムも

BORDER公式サイト

画像引用元:BORDER公式サイト
(https://border.co.jp/)

出張手配をチャットで依頼・管理できるシステム。レスが速く小回りもきくため、出張が多く、さらに出張者自らが手配を行っているような会社・事業部向けといえるでしょう。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

BORDERの
資料請求をする

出張⼿配プラス

まるごとお任せしたいなら
⼿配できる種類の多さで選ぶ

エルクトラベル公式サイト

画像引用元:エルクトラベル公式サイト
(https://www.tehaiplus.com/)

新幹線や飛行機(国内外)といったベーシックな移動手段や宿泊施設のほか、会議室など幅広い予約に対応。エリア限定ですが、当日中にチケットをデリバリーするサービスもあります。

公式サイトを見る

詳細を見る

Bzit

経費のコンサルもお願いしたいなら
分析サービス付きのシステムで選ぶ

Bzit公式サイト

画像引用元:Bzit公式サイト
(https://www.jtb.co.jp/bzit/)

旅行代理店JTBが提供する出張手配システム。予約できるものはベーシックな内容ですが、使用された出張費用とデータを分析し、よりよい運用方法を提案するサービスを備えています。

公式サイトを見る

詳細を見る

BORDER

海外出張回数がとにかく多いなら
チャットで手配完了のシステムも

BORDER公式サイト

画像引用元:BORDER公式サイト
(https://border.co.jp/)

出張手配をチャットで依頼・管理できるシステム。レスが速く小回りもきくため、出張が多く、さらに出張者自らが手配を行っているような会社・事業部向けといえるでしょう。

公式サイトを見る

詳細を見る

       

※上記システムの取り扱いサービス数・内容は2022年12月調査時点の情報を基に掲載しております。
※各システムのピックアップ理由は次のようになります。「出張手配システム」…調査範囲内での手配対象の数が最多。「Bzit」…大手旅行代理店の蓄積した情報を基に出張費用を分析するサービスあり。「BORDER」…海外でも対応可能なチャットシステムがあることが明記されている。

出張をもっと手軽に透明に目的別で選ぶおすすめの出張手配システム
出張をもっと手軽に透明に目的別で選ぶおすすめの出張手配システム