出張管理・手配システムを23社徹底比較-トラベルパレント » 出張に関するコラム記事一覧 » 出張で買ったお土産は経費に入るのか?

出張で買ったお土産は経費に入るのか?

出張時に購入するお土産について、経費として計上できるかどうかは多くのビジネスパーソンにとって重要なポイントです。この記事では、お土産の経費計上に関する基礎知識や具体例を交え、どのような条件で経費に含めることができるのかを詳しく解説します。

お土産の経費計上に関する基本知識

経費の定義

経費とは、業務を遂行するために必要な支出のことを指します。これには、営業活動、業務の遂行、従業員の福利厚生などに関連する支出が含まれます。具体的には、交通費、宿泊費、会議費、接待交際費などが挙げられます。経費を適切に計上することで、企業は税負担を軽減し、健全な財務管理を行うことができます。

税務上の扱い

税務上、経費として認められるためには、業務遂行上必要であることを証明する必要があります。国税庁のガイドラインによれば、経費は「事業活動に直接関連するもの」に限られます。つまり、個人的な支出や業務と無関係な支出は経費として認められません。経費として計上する際には、適切な証拠書類(領収書、請求書など)の提出が求められます。

お土産が経費に計上できるケース

ビジネス目的のお土産

取引先や顧客への贈答品としてのお土産は、経費として計上できる場合があります。これは、ビジネス関係の強化や取引促進のための支出とみなされるためです。以下に、経費として認められる具体例を紹介します。

具体例

  • 重要な取引先へのお土産: 新しい契約を締結する際や、既存の取引先との関係を強化するために購入するお土産。例えば、高級なお菓子や地元の特産品などが該当します。
  • ビジネスパートナーへの感謝の品: 共同プロジェクトの成功を祝うためや、長期間にわたる協力に感謝するためのお土産。これには、記念品や高級な文房具などが含まれます。

証拠書類

お土産を経費として計上するには、適切な証拠書類が必要です。具体的には、以下のような書類を準備しましょう。

  • 領収書: 購入したお土産の領収書。宛名、金額、日付、購入品目が明記されていることを確認してください。
  • 贈答の記録: お土産を贈った相手先、目的、日時などを記録したメモ。これにより、税務調査時に正当性を証明できます。

経費として認められる理由

ビジネス目的のお土産が経費として認められる理由は、業務遂行上必要な支出とみなされるためです。取引先や顧客との関係を良好に保つことは、企業の継続的な成長にとって重要です。これにより、取引が円滑に進み、ビジネスチャンスの拡大にもつながります。

お土産が経費に計上できないケース

個人的な使用目的のお土産

一方で、個人的な使用目的のお土産は経費として計上できません。これは、業務と直接関係のない支出とみなされるためです。以下に、経費として認められない具体例を紹介します。

具体例

  • 家族への土産物: 出張先で購入した家族向けのお土産(例えば、子供へのおもちゃや配偶者へのジュエリーなど)は、個人的な支出とみなされ、経費として認められません。
  • 自分用の購入品: 自分用に購入した土産物や趣味に関連する品物も、経費として計上することはできません。

税務上の問題

個人的な利用を経費として申請すると、税務上の問題が生じます。税務調査が入った際に不正が発覚すると、修正申告や追徴課税の対象となる可能性があります。また、企業の信頼性にも影響を与えるため、個人的な支出は経費として申請しないよう注意が必要です。

経費計上の手続きと注意点

領収書の取得

経費計上において最も重要なのは、正確な領収書の取得です。領収書には、以下の情報が記載されていることを確認してください。

  • 宛名: 購入者(会社名や個人名)
  • 金額: 支払い総額(税金を含む)
  • 日付: 購入日
  • 購入品目: 具体的な品目と数量

領収書がない場合、経費として認められない可能性が高くなりますので、必ず受け取るようにしましょう。

詳細なメモ

経費として申請する際には、購入理由や対象者についての詳細なメモを残しておくことが重要です。例えば、「〇〇社の取引先担当者への贈答品として購入」など、具体的な情報を記録します。これにより、税務調査時に正当性を証明しやすくなります。

経費報告書の作成

経費報告書は、経費計上の際に必要となる書類です。正確な経費報告書を作成するためには、以下の情報を含めることが重要です。

  • 経費の種類: お土産代、交通費、宿泊費など
  • 購入日: 経費が発生した日付
  • 購入場所: 購入先の名称と所在地
  • 支出理由: 経費の目的と対象者
  • 領収書の添付: 領収書や証拠書類のコピーを添付

経費報告書は、会社の経理部門に提出し、承認を受ける必要があります。適切な手続きを行うことで、経費として認められる確率が高まります。

トラブル事例と対処法

よくあるトラブル

経費として申請したお土産が認められないケースや、税務調査で問題が発覚することがあります。以下に、よくあるトラブルの事例を紹介します。

  • 領収書の紛失: 領収書がないために経費として認められなかったケース。
  • 不適切な経費申請: 個人的な支出を経費として申請し、不正とみなされたケース。
  • 詳細なメモの不足: 経費の目的や対象者についての詳細な記録がなく、正当性を証明できなかったケース。

対処法

トラブルを避けるためには、事前に適切な対策を講じることが重要です。以下に、トラブルを防ぐための具体的な対策を紹介します。

  • 領収書の管理: 領収書を紛失しないように、専用のファイルやアプリを使用して管理します。
  • 経費の目的を明確にする: 経費として申請する際には、必ず業務遂行上の理由を明確にし、詳細なメモを残します。
  • 不適切な経費申請を避ける: 個人的な支出や業務と無関係な支出を経費として申請しないように注意します。

まとめ

お土産を経費に計上できるかどうかは、その目的や使用方法によって異なります。ビジネス目的のお土産は経費として認められることが多いですが、個人的な使用目的のお土産は経費として認められません。経費として計上する際には、適切な証拠書類を準備し、詳細な記録を残すことが重要です。これにより、税務調査時にも正当性を証明でき、トラブルを避けることができます。

THREE SELECTIONS
目的別・出張手配システム3選
国内には、様々な出張手配システムが存在しています。システムの機能や付属サービスも多種多様。
会社が出張手配システムを導入する目的は、会社の規模や状況によっても異なるはず。目的やニーズに合った、おすすめのシステムをご紹介します!

出張⼿配プラス

まるごとお任せしたいなら
⼿配できる種類の多さで選ぶ

エルクトラベル公式サイト

画像引用元:エルクトラベル公式サイト
(https://www.tehaiplus.com/)

新幹線や飛行機(国内外)といったベーシックな移動手段や宿泊施設のほか、会議室など幅広い予約に対応。エリア限定ですが、当日中にチケットをデリバリーするサービスもあります。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

出張手配プラスの
無料デモ版を申し込む

Bzit

経費のコンサルもお願いしたいなら
分析サービス付きのシステムで選ぶ

Bzit公式サイト

画像引用元:Bzit公式サイト
(https://www.jtb.co.jp/bzit/)

旅行代理店JTBが提供する出張手配システム。予約できるものはベーシックな内容ですが、使用された出張費用とデータを分析し、よりよい運用方法を提案するサービスを備えています。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

Bzitの
資料請求をする

BORDER

海外出張回数がとにかく多いなら
チャットで手配完了のシステムも

BORDER公式サイト

画像引用元:BORDER公式サイト
(https://border.co.jp/)

出張手配をチャットで依頼・管理できるシステム。レスが速く小回りもきくため、出張が多く、さらに出張者自らが手配を行っているような会社・事業部向けといえるでしょう。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

BORDERの
資料請求をする

出張⼿配プラス

まるごとお任せしたいなら
⼿配できる種類の多さで選ぶ

エルクトラベル公式サイト

画像引用元:エルクトラベル公式サイト
(https://www.tehaiplus.com/)

新幹線や飛行機(国内外)といったベーシックな移動手段や宿泊施設のほか、会議室など幅広い予約に対応。エリア限定ですが、当日中にチケットをデリバリーするサービスもあります。

公式サイトを見る

詳細を見る

Bzit

経費のコンサルもお願いしたいなら
分析サービス付きのシステムで選ぶ

Bzit公式サイト

画像引用元:Bzit公式サイト
(https://www.jtb.co.jp/bzit/)

旅行代理店JTBが提供する出張手配システム。予約できるものはベーシックな内容ですが、使用された出張費用とデータを分析し、よりよい運用方法を提案するサービスを備えています。

公式サイトを見る

詳細を見る

BORDER

海外出張回数がとにかく多いなら
チャットで手配完了のシステムも

BORDER公式サイト

画像引用元:BORDER公式サイト
(https://border.co.jp/)

出張手配をチャットで依頼・管理できるシステム。レスが速く小回りもきくため、出張が多く、さらに出張者自らが手配を行っているような会社・事業部向けといえるでしょう。

公式サイトを見る

詳細を見る

       

※上記システムの取り扱いサービス数・内容は2022年12月調査時点の情報を基に掲載しております。
※各システムのピックアップ理由は次のようになります。「出張手配システム」…調査範囲内での手配対象の数が最多。「Bzit」…大手旅行代理店の蓄積した情報を基に出張費用を分析するサービスあり。「BORDER」…海外でも対応可能なチャットシステムがあることが明記されている。

出張をもっと手軽に透明に目的別で選ぶおすすめの出張手配システム
出張をもっと手軽に透明に目的別で選ぶおすすめの出張手配システム