出張管理・手配システムを23社徹底比較-トラベルパレント » 出張に関するコラム記事一覧 » 海外出張中に病気になったら?医療費はどうなる?

海外出張中に病気になったら?医療費はどうなる?

海外出張中に病気やケガに見舞われることは、誰にとっても予想外の事態です。そんな時、最も気になるのが治療に必要な医療費です。国によって医療制度が異なるため、治療費が高額になることも少なくありません。

このような状況に備えるには、事前の準備として適切な保険への加入が重要です。また、病気になった際にどのように医療費の支払いを行うか、どのような支援が受けられるかを知っておくことも必要です。

本記事では、海外での医療事情と共に、健康保険や旅行保険がどのように役立つか、詳しく解説します。

海外出張でかかりやすい病気・健康トラブルとは?

海外出張中には、異なる環境と接することで、通常では遭遇しない健康リスクに直面することがあります。

慣れない環境による健康トラブル

主にかかりやすい病気に食中毒がありますが、これは現地の衛生状態や食文化の違いに起因します。

特に発展途上国を訪れる場合、清潔で安全な水が確保されていない地域も多く、現地では一般的に使われている飲用水や食品に反応してしまうことも。また、エアコンが効いた部屋と外気温の大きな差や、過度の冷房による体調不良も見られます。

これらを防ぐためには、事前にその国の気候や出張環境を把握し、対策を講じることが大切です。加えて、手洗い、消毒など基本的な衛生管理を徹底することが予防につながります。

感染症によるトラブル

海外出張先で感染する可能性のある病気には、マラリア、デング熱、ジカ熱などがあり、これらは蚊に刺されることで感染するため、蚊除け対策も非常に重要です。具体的には、蚊が多い地域では、長袖のシャツや長ズボンを着用し、虫除けスプレーを使用する、または蚊帳を利用するなどが効果的です。必要があれば事前にワクチン摂取も推奨されます。

このように、病気の種類に応じて適切な予防策を講じることで、健康を守ることが可能です。また、現地での最新の健康情報に注意を払い、必要に応じて現地の医療機関を利用することも大切です。

海外出張中の医師・病院はどんな場所を選べよい?

海外出張中に医療機関を利用する際には、どのような医師や病院を選ぶべきかという点が重要になります。

国際認証を受けた医療機関を選ぶ

まず、現地での医療状況や言語の問題、治療費の支払い条件などを考慮する必要があります。理想的には、質の高い医療を提供する認定を受けた病院やクリニックを選ぶことが望ましいです。

多くの国には、国際的な基準で認定された医療機関が存在し、それらは通常、最新の医療技術や設備を備え、多言語対応可能なスタッフがいます。特に、JCI(Joint Commission International)などの国際的な認証を受けた医療機関は、世界共通の厳しい基準をクリアしており、信頼性が高いとされています。

各案内サービスを活用する

大使館や領事館、保険会社のアシスタンスサービスを利用して、現地の医療システムを理解し、適切な医療機関を選ぶ支援を受けることも有効です。これらの機関は、緊急時におすすめの病院情報を提供してくれることが多く、また、場合によっては直接的な医療連絡や、必要な手続きのサポートを行っています。

さらに、旅行前には健康保険や旅行保険が提供する海外緊急時のサポート詳細を確認し、保険カードや連絡先情報を常に携帯することが重要です。

海外で急な病気にかかって治療を受けたときはどうする?

海外での急な病気や怪我をした場合、言語や文化、医療システムの違いによって、状況をより複雑にすることがあります。このような時、どのように対処すれば良いのでしょうか?

健康保険の海外療養費制度を利用する

日本の健康保険は、海外で発生した医療費に対しても一定の支援を提供することがあります。この海外療養費制度を利用するには、治療を受けた際の詳細な医療記録や領収書が必要となります。

治療費は先払いが原則で、帰国後にこれらの文書を添えて、居住地の健康保険組合に申請することにより、後日一定額が払い戻されるシステムです。具体的には、日本で診療を受けた場合の自己負担額と同様の割合で計算され、それを超える部分は自己負担となります。

すべての医療行為や薬がカバーされるわけではないため、どのような治療が保険適用外であるかを事前に確認することが重要です。

労災保険

出張中の事故や病気も、労災保険の適用範囲内であることが多いです。仕事上の必要に基づく出張であれば、その間に起きた病気や怪我は労災保険の対象となり得ます。

労災保険を利用する場合、病気が仕事に直接関連していることを証明する必要があります。また、労災保険からの給付を受けるには、事業主を通じて、出来事が発生した日から速やかに報告し、必要な手続きを進める必要があります。この保険からは、医療費全額のほか、休業補償なども支給されるため、経済的な支援が得られます。

海外出張前にできる対策とは

海外出張を控えている場合、予期せぬ健康問題に直面するリスクを最小限に抑えるために、いくつかの重要な準備を行うことが推奨されます。例えば、健康状態のチェック、必要なワクチンの接種、適切な旅行保険への加入、さらには必要な薬の準備が含まれます。

これらの対策は、海外での病気や怪我からあなたを守り、もし健康問題が発生した場合にも安心して対応できるよう支援します。

健康診断とワクチンの摂取

海外出張前には、全面的な健康診断を受けることが望ましいです。これにより、潜在的な健康問題を事前に発見し、適切な対処を行うことができます。

また、特定の国には特有の感染症が存在するため、訪問国に推奨されるワクチンを接種することが重要です。例えば、黄熱病や狂犬病、B型肝炎など、地域によっては特定のワクチンが強く推奨される場合があります。

ワクチンの接種は、出発の数週間から数ヶ月前に行う必要があるため、早めにクリニックを訪れることが重要です。これらの予防接種を通じて、感染リスクを効果的に低減でき、安全に出張を行うことが可能となります。

旅行保険の検討

海外での医療費は高額になる可能性があるため、旅行保険の検討は不可欠です。旅行保険は、病気や怪我の治療費だけでなく、緊急時の帰国費用や、荷物の紛失などもカバーします。保険選びの際には、カバー範囲や支払限度額、除外事項をよく確認し、自分の出張内容に最適なプランを選ぶことが重要です。

また、既に持っている健康保険が海外でどの程度利用可能かも確認しておくと良いでしょう。保険の細部に注意を払うことで、万一の事態に備えることが可能となります。

常備薬は日本から持参する

海外では、日本で一般的に使用されている薬が入手困難、または全く手に入らない場合があります。特に処方薬に関しては、現地で同等の薬を見つけることが難しいため、必要な分だけを持参することが推奨されます。

また、日本の医師と相談し、痛み止め、消化促進剤、抗ヒスタミン薬など、基本的な常備薬も準備しておくと良いでしょう。これらの薬は、突然の体調不良に対応するための重要な手段となります。ただし、薬の持ち込みには各国の薬事法規に従う必要があるため、出発前には持参する薬の種類と量に関して、予め調査しておくことが必要です。

まとめ

海外出張では予期せぬ事態に備えるため、適切な準備が不可欠です。健康診断や必要なワクチンの摂取、充実した旅行保険の加入、そして必要な薬の準備は、安全で健康的な出張を支える基盤となります。これらの準備を事前に行うことで、病気や事故に対して迅速かつ効果的に対処できるようになります。

また、これらの対策は心理的な安心感を提供し、仕事のパフォーマンスにも良い影響を与えるでしょう。安心して出張に臨めるよう、出発前の計画的な準備を心がけましょう。

THREE SELECTIONS
目的別・出張手配システム3選
国内には、様々な出張手配システムが存在しています。システムの機能や付属サービスも多種多様。
会社が出張手配システムを導入する目的は、会社の規模や状況によっても異なるはず。目的やニーズに合った、おすすめのシステムをご紹介します!

出張⼿配プラス

まるごとお任せしたいなら
⼿配できる種類の多さで選ぶ

エルクトラベル公式サイト

画像引用元:エルクトラベル公式サイト
(https://www.tehaiplus.com/)

新幹線や飛行機(国内外)といったベーシックな移動手段や宿泊施設のほか、会議室など幅広い予約に対応。エリア限定ですが、当日中にチケットをデリバリーするサービスもあります。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

出張手配プラスの
無料デモ版を申し込む

Bzit

経費のコンサルもお願いしたいなら
分析サービス付きのシステムで選ぶ

Bzit公式サイト

画像引用元:Bzit公式サイト
(https://www.jtb.co.jp/bzit/)

旅行代理店JTBが提供する出張手配システム。予約できるものはベーシックな内容ですが、使用された出張費用とデータを分析し、よりよい運用方法を提案するサービスを備えています。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

Bzitの
資料請求をする

BORDER

海外出張回数がとにかく多いなら
チャットで手配完了のシステムも

BORDER公式サイト

画像引用元:BORDER公式サイト
(https://border.co.jp/)

出張手配をチャットで依頼・管理できるシステム。レスが速く小回りもきくため、出張が多く、さらに出張者自らが手配を行っているような会社・事業部向けといえるでしょう。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

BORDERの
資料請求をする

出張⼿配プラス

まるごとお任せしたいなら
⼿配できる種類の多さで選ぶ

エルクトラベル公式サイト

画像引用元:エルクトラベル公式サイト
(https://www.tehaiplus.com/)

新幹線や飛行機(国内外)といったベーシックな移動手段や宿泊施設のほか、会議室など幅広い予約に対応。エリア限定ですが、当日中にチケットをデリバリーするサービスもあります。

公式サイトを見る

詳細を見る

Bzit

経費のコンサルもお願いしたいなら
分析サービス付きのシステムで選ぶ

Bzit公式サイト

画像引用元:Bzit公式サイト
(https://www.jtb.co.jp/bzit/)

旅行代理店JTBが提供する出張手配システム。予約できるものはベーシックな内容ですが、使用された出張費用とデータを分析し、よりよい運用方法を提案するサービスを備えています。

公式サイトを見る

詳細を見る

BORDER

海外出張回数がとにかく多いなら
チャットで手配完了のシステムも

BORDER公式サイト

画像引用元:BORDER公式サイト
(https://border.co.jp/)

出張手配をチャットで依頼・管理できるシステム。レスが速く小回りもきくため、出張が多く、さらに出張者自らが手配を行っているような会社・事業部向けといえるでしょう。

公式サイトを見る

詳細を見る

       

※上記システムの取り扱いサービス数・内容は2022年12月調査時点の情報を基に掲載しております。
※各システムのピックアップ理由は次のようになります。「出張手配システム」…調査範囲内での手配対象の数が最多。「Bzit」…大手旅行代理店の蓄積した情報を基に出張費用を分析するサービスあり。「BORDER」…海外でも対応可能なチャットシステムがあることが明記されている。

出張をもっと手軽に透明に目的別で選ぶおすすめの出張手配システム
出張をもっと手軽に透明に目的別で選ぶおすすめの出張手配システム