出張管理・手配システムを23社徹底比較-トラベルパレント » 出張に関するコラム記事一覧 » 出張時の宿泊税

出張時の宿泊税

出張時の予算計画を立てる際、多くの方が見落としがちなのが「宿泊税」です。ビジネス旅行者や観光客がホテルや旅館などの宿泊施設に滞在する際に課される地方税であり、各自治体によって定められています。

ここでは宿泊税について説明し、経費精算の際に注意すべきポイントをまとめています。

宿泊税の基本

宿泊税は、宿泊施設の利用者が支払うべき地方税の一種であり、宿泊施設が利用者から徴収し、自治体に納める特別徴収の形をとります。自治体によって詳細は異なります。宿泊税を徴収する主な目的は、訪問者からの収入を通じて地方自治体の観光や公共サービスの資金を補強し、地域の魅力を高める環境を整備するためです。ビジネスや観光の発展に間接的に影響を与える宿泊税の導入は自治体の戦略的な手段となっており、様々な目的に活用されています。

導入自治体の例

日本では多くの観光都市が宿泊税を導入しており、東京都、大阪府、京都市が代表例です。これらの地域では、宿泊料金に応じた税額が設定されており、収入は観光の振興、インフラの整備、文化財の保護などに充てられています。宿泊税の導入により、これらの地域では持続可能な観光開発が支えられ、訪問者は質の高いサービスと施設を享受することが可能になっています。

税額の違い

自治体によって宿泊税の税率は異なります。例えば、京都市では20,000円未満の宿泊に200円の税が課される一方で、大阪府では7,000円~15,000円未満の宿泊に100円、15,000円~20,000円未満に200円が課されます。これらの違いは、予算計画の際に考慮すべき重要な要素であり、宿泊施設を選択する際の判断基準となり得ます。したがって、訪れる都市の宿泊税を事前に確認し、予算計画に適切に組み入れることが重要です。

経費精算上の注意点

宿泊税の導入は観光都市の発展や公共サービスの向上に貢献していますが、出張者や経理担当者にとっては精算業務の複雑化をまねくことも。精算業務の課題を解決し、経費精算の効率化を図るためにはミスしやすいポイントを押さえておく必要があります。

勘定科目の選択

宿泊税は消費税の課税対象外であり、原則として「租税公課」として処理されるのが一般的。しかし、請求書や領収書に宿泊税が明記されているか否かで、処理が異なるため注意が必要です。宿泊税が明記されている場合は租税公課として、そうでない場合は宿泊費と合わせて旅費交通費などの勘定科目に仕訳されます。出張に伴う宿泊の場合では旅費交通費、社員旅行の場合には研修費など、宿泊の目的に合わせて勘定科目を選択しましょう。

また、インボイス制度の開始で証憑書類が適格請求書の要件を満たさない場合、課税仕入れとしての計上ができなくなっています。請求書等に宿泊税が明記されていない場合、適格請求書の要件を満たさないため課税仕入れとはならないので注意が必要です。

支払いと精算のプロセス

宿泊税は基本的に宿泊施設で直接支払う形になりますので、出張者は支払い後に領収書をまとめ、帰社後に経理部門に提出して精算してもらいましょう。精算時の提出漏れや申請不備がないよう、出張の計画段階で宿泊税の支払い方法を確認し、必要な手続きを把握しておく必要があります。正確な経費処理は、企業の財務報告の正確性を保ち、税務上の遵守を確保する上で不可欠です。

そのほか入湯税やゴルフ場利用税について

宿泊税と同様に、温泉施設での宿泊時には入湯税が、ゴルフ場利用時にはゴルフ場利用税がかかる場合があります。これらの税金も、宿泊税と同様に地域の公共サービスや施設の維持・向上に貢献するために利用されます。出張者や旅行者は、温泉やゴルフ場といった施設の利用が必要になるかも含めて計画を立てましょう。税金が必要なものを事前に把握し、計画に含めることで、予期せぬ出費を避けられます。

経理業務を削減するにはシステムの導入がおすすめ

出張経費を正しく仕訳できれば経費削減や業務の効率化につながります。しかし出張の多い会社では立て替え精算が発生しやすく、申請内容と照らし合わせてチェックを行う経理側の業務負担が大きくなっているのが現状です。

経費精算の数が多い場合は、数の見直しや正しく経費精算を行うためには、出張管理システム(BTM)を活用するのも一つの手です。

システムを導入するメリット

経理業務の効率化と正確な勘定科目の仕訳を実現するために、出張管理システム(BTM)の利用が推奨されます。システムの導入により出張費用の月締め一括精算が可能となり、出張管理システムを利用することで、出張者は自身での立て替え精算を必要とせず、経理側の精算業務にかかるコストも大幅に削減されます。また、仕訳業務も一度に行え、業務の効率化が実現できるでしょう。

加えて出張時に航空会社やホテルの法人契約料金を利用できる場合があり、旅費交通費の削減にも繋がります。また、システム内に出張データが蓄積されるため、似た内容の出張の手配をしやすくしたり、季節や交通手段など変動しやすい費用の適正化が図れます。

THREE SELECTIONS
目的別・出張手配システム3選
国内には、様々な出張手配システムが存在しています。システムの機能や付属サービスも多種多様。
会社が出張手配システムを導入する目的は、会社の規模や状況によっても異なるはず。目的やニーズに合った、おすすめのシステムをご紹介します!

出張⼿配プラス

まるごとお任せしたいなら
⼿配できる種類の多さで選ぶ

エルクトラベル公式サイト

画像引用元:エルクトラベル公式サイト
(https://www.tehaiplus.com/)

新幹線や飛行機(国内外)といったベーシックな移動手段や宿泊施設のほか、会議室など幅広い予約に対応。エリア限定ですが、当日中にチケットをデリバリーするサービスもあります。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

出張手配プラスの
無料デモ版を申し込む

Bzit

経費のコンサルもお願いしたいなら
分析サービス付きのシステムで選ぶ

Bzit公式サイト

画像引用元:Bzit公式サイト
(https://www.jtb.co.jp/bzit/)

旅行代理店JTBが提供する出張手配システム。予約できるものはベーシックな内容ですが、使用された出張費用とデータを分析し、よりよい運用方法を提案するサービスを備えています。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

Bzitの
資料請求をする

BORDER

海外出張回数がとにかく多いなら
チャットで手配完了のシステムも

BORDER公式サイト

画像引用元:BORDER公式サイト
(https://border.co.jp/)

出張手配をチャットで依頼・管理できるシステム。レスが速く小回りもきくため、出張が多く、さらに出張者自らが手配を行っているような会社・事業部向けといえるでしょう。

⼿配対象
  • 飛行機
  • 新幹線
  • ホテル
  • バス
  • レンタカー
  • 会議室
  • ウィークリー
    マンション
  • 通訳
  • 団体旅行
  • 渡航ビザ
  • 海外Wi-Fi
  • 海外ガイド
  • 海外旅行保険
  • その他

BORDERの
資料請求をする

出張⼿配プラス

まるごとお任せしたいなら
⼿配できる種類の多さで選ぶ

エルクトラベル公式サイト

画像引用元:エルクトラベル公式サイト
(https://www.tehaiplus.com/)

新幹線や飛行機(国内外)といったベーシックな移動手段や宿泊施設のほか、会議室など幅広い予約に対応。エリア限定ですが、当日中にチケットをデリバリーするサービスもあります。

公式サイトを見る

詳細を見る

Bzit

経費のコンサルもお願いしたいなら
分析サービス付きのシステムで選ぶ

Bzit公式サイト

画像引用元:Bzit公式サイト
(https://www.jtb.co.jp/bzit/)

旅行代理店JTBが提供する出張手配システム。予約できるものはベーシックな内容ですが、使用された出張費用とデータを分析し、よりよい運用方法を提案するサービスを備えています。

公式サイトを見る

詳細を見る

BORDER

海外出張回数がとにかく多いなら
チャットで手配完了のシステムも

BORDER公式サイト

画像引用元:BORDER公式サイト
(https://border.co.jp/)

出張手配をチャットで依頼・管理できるシステム。レスが速く小回りもきくため、出張が多く、さらに出張者自らが手配を行っているような会社・事業部向けといえるでしょう。

公式サイトを見る

詳細を見る

       

※上記システムの取り扱いサービス数・内容は2022年12月調査時点の情報を基に掲載しております。
※各システムのピックアップ理由は次のようになります。「出張手配システム」…調査範囲内での手配対象の数が最多。「Bzit」…大手旅行代理店の蓄積した情報を基に出張費用を分析するサービスあり。「BORDER」…海外でも対応可能なチャットシステムがあることが明記されている。

出張をもっと手軽に透明に目的別で選ぶおすすめの出張手配システム
出張をもっと手軽に透明に目的別で選ぶおすすめの出張手配システム